ブログ

夏こそ「冷え」に注意!

こちらのカテゴリーでは、ツボのお話、身体に関する豆知識、そして私の日常を綴っていきたいと思います。

東海地方は昔から湿気が多く、毎年、夏は本当に過ごしづらいですよね。
クーラーの利いたお店や部屋を選んで、長時間過ごしてしまう…こんな経験は誰にでもあると思います。
しかしそうなると、身体は知らないうちに冷え切ってしまいます。
気分的には暑いので、ついつい身体の冷えに鈍感になってしまいますが、実は夏場こそ「冷え」に注意が必要。
私はヨットの競技を行っているのですが、海上では冷えることが多く、夏場でもお腹や足にカイロを貼っています。

そんな冷えを防ぐべく「和鍼灸院」では、7月から9月にかけて「ほうろく灸」をおすすめしています。
こちらは百会(ひゃくえ)という、頭のてっぺんにあるツボから足の裏までがまっすぐに通るイメージで、身体の芯を温めていく治療。「ほうろく」と言う帽子のようなものにお灸を乗せてそれを被るので、見た目がちょっと不思議です。
頭のてっぺんは熱くなりますが、髪の毛が燃えることはないのでご安心ください。
東洋医学のパワーで、夏を健康に過ごしましょう!

万病に効果的??? 鍼灸の効果は絶大!

「鍼灸」と聞くと「肩こりや腰痛を治す治療」と思われる方も多いですが、世界保健機構(WHO)では、以下のように幅広い疾患に有効と言われています。
これを見ると「効かないものはないのでは?」ってしまいます。本当に鍼灸にはさまざまな病気に効果があるんですね。
もちろん美容にもオススメです! 私は休日にはヨット競技に出場しているのですが、鍼灸を継続しているせいか、日焼けやシミの悩みもほとんどありません。
日本で長年継承されてきたのも納得です。
不調のときの治療や美容対策として、鍼灸という選択肢もぜひ加えてくださいね!

●鍼灸治療の適応疾患●
神経系疾患…神経痛、頭痛、不眠症、肩こり、NIS(神経因性骨盤臓器症候群)など
運動器系疾患…関節痛、四十肩、むちうち、ねんざ、腱鞘炎、神経性リウマチなど
循環器系疾患…高血圧症、低血圧症、動脈硬化症、どうき、息切れなど
消化器系疾患…下痢、便秘、胃腸炎、口内炎、胃下垂症など
産婦人科系疾患…不妊症、生理痛、月経不順、更年期障害、つわり、逆子など
呼吸器疾患…風邪、風邪の予防、扁桃炎、気管支炎など
その他
代謝疾患(貧血・かっけ・通風)、泌尿器科系疾患、内分泌系疾患、皮膚科疾患、小児科疾患、眼科疾患、耳鼻科疾患、自律神経失調症、うつ病などの精神的疾患 etc…。

安心して治療が受けられました!

前から興味はあったのですが、知人に勧められて初めて鍼治療を受けました。
先生は物腰がやわらかく、先生ご自身「ちょっと恐がりなんです」とおっしゃっていたせいか不安な気持ちをわかってくださり、安心して治療が受けられました。
診ていただいたところ、身体が冷えているのと胃腸のツボが硬いとのことで、鍼と灸を並行して行ってもらいました。
最初は不安でしたが、治療に入ると職人のようなまなざしで的確にツボを押さえてくださり、だんだんと身体が温かくなるのを感じました。
その日は食欲が涌き、いつもより深い眠りにつけました。
特別悪いところはないということでしたので、定期的に通って身体と心のメンテナンスをしていきたいと思います。
ありがとうございました。

▲TOPへ